メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来へつなぐ

国立ハンセン病療養所 御殿場市の将来構想案から9年 行き詰まる自治体 /静岡

県、市だけでは限界 国の具体策、切望

 ハンセン病の元患者が暮らす国立駿河療養所(御殿場市)の将来構想案を巡り、地元自治体の対応が行き詰まっている。療養所をどのように残して、地域に開放するかという方針について、市が事務局を務める将来構想検討委員会が構想案をまとめてから9年がたち、県や市は国に具体策の提示を求めている。【奥山智己】

 「そろそろ具体的な構想を策定し、計画的に動き出すべきでは」。昨年9月、市議会で議員から将来構想に関…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文971文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです