メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国で働く

/53 株式会社 人機一体 人と機械の相乗効果を /滋賀

人型重機と握手する人機一体の金岡博士社長。人型重機の左側は下半身部分滋賀県草津市の同社で、佐竹義浩撮影

 「あまねく世界からフィジカルな苦役を無用とする」。この遠大な理想を掲げるのは株式会社「人機一体(じんきいったい)」(草津市青地町)だ。危険な作業や重労働から人を解放することを目指し、人がわずかな力で操作できる「人型重機」(ロボット)の開発に取り組んでいる。【佐竹義浩】

 「社名の人機一体は、『人馬一体』という言葉に由来しています。人と馬が協調して乗馬競技のような高度なレベルのタスク(果たすべき仕事や作業)をこなすように、『人型重機』も人と機械が協調して重労働に当たります」

 こう説明するのは金岡博士社長(47)。土木工事に使われるショベルカーなどの重機も人が操作するが、ショベル部分は限られた動きしかできず、人間ほど器用とは言い難い。一方、「人型重機」には人間と同様に目と両手足があり、二足歩行して現場を歩き回ったり、重量物を持ち上げたりすることを想定。しかも、ショベルカーなどと違い、操作者は人型重機の動きと一体化しているのが特徴だ。

この記事は有料記事です。

残り1836文字(全文2256文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  3. それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです