メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国で働く

/53 株式会社 人機一体 人と機械の相乗効果を /滋賀

人型重機と握手する人機一体の金岡博士社長。人型重機の左側は下半身部分滋賀県草津市の同社で、佐竹義浩撮影

 「あまねく世界からフィジカルな苦役を無用とする」。この遠大な理想を掲げるのは株式会社「人機一体(じんきいったい)」(草津市青地町)だ。危険な作業や重労働から人を解放することを目指し、人がわずかな力で操作できる「人型重機」(ロボット)の開発に取り組んでいる。【佐竹義浩】

 「社名の人機一体は、『人馬一体』という言葉に由来しています。人と馬が協調して乗馬競技のような高度なレベルのタスク(果たすべき仕事や作業)をこなすように、『人型重機』も人と機械が協調して重労働に当たります」

 こう説明するのは金岡博士社長(47)。土木工事に使われるショベルカーなどの重機も人が操作するが、シ…

この記事は有料記事です。

残り1968文字(全文2256文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです