メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大山古墳

発掘成果、市民に解説 堤に埴輪並ぶ写真も 堺市 /大阪

大山古墳の発掘調査について説明する堺市文化財課の海辺博史主査=堺市北区の市産業振興センターで、矢追健介撮影

 堺市は17日、今年の世界文化遺産登録を目指す百舌鳥古墳群に関する講演会を同市北区の市産業振興センターで開き、宮内庁が同市と共同で初めて行った昨年の大山古墳(仁徳天皇陵)の発掘成果を説明した。約700人の考古学ファンらが熱心に聴き入った。

 大山古墳は三重の濠(ほり)を持つ日本最大の前方後円墳で、宮内庁は仁徳天皇の墓として管理している。同庁は昨年10月23日から12月5日まで、最も外側の…

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです