メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

河内厚郎の文化回廊

回り舞台を体感 道頓堀に施設 /兵庫

 かつて大阪に中座という劇場があった。江戸時代の西日本における芝居小屋ランキング(番付)を見ると、1位が中之芝居(中座)、2位が角之芝居(大阪・角座)、3位が四条南の芝居(京都・南座)…となっている。日本人の国民劇となる『仮名手本忠臣蔵』を歌舞伎で初演した(人形浄瑠璃の上演が先行)、そんな劇場が今世紀直前まで存続していたのだ。1999(平成11)年に惜しまれつつ閉館した後も建物は残っていたが、2002年9月9日未明、ガス爆発による焼失で衝撃の最期を遂げた。

 閉館報道の折、中座の舞台にかけていた破風の屋根や桟敷席の欄干を譲ってもらえるよう取り持ってほしいと…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです