メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

硫黄島遺骨

DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

 第二次世界大戦の激戦地、硫黄島(東京都小笠原村)で戦死した日本軍兵士の遺族が、同島で収容された遺骨のDNA鑑定を求めている。鑑定の好条件がそろい、身元が判明して遺族のもとに帰る可能性があるが、所管の厚生労働省は原則をたてに鑑定を拒否している。沖縄県の一部ではこの原則外でも鑑定に応じており、「差別」との批判もある。2016年に成立した戦没者遺骨収集推進法の理念と同省の運用との矛盾も浮き彫りになっている。

 戦死したのは福岡県昭代村(現柳川市)の近藤龍雄さん。農家の長男で陸軍に徴兵された。硫黄島には194…

この記事は有料記事です。

残り1217文字(全文1470文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです