メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

がっかり発言をめぐって=山田孝男

絵・五十嵐晃

 五輪担当相をかばい立てする義理はないが、過度に短絡的な失言糾弾報道には違和感を覚える。

     ◇

 「池江璃花子白血病」の急報が広がった12日夕、桜田義孝五輪担当相(69)が国会から大臣室のある内閣府に戻るなり、テレビカメラに囲まれ、「どう受け止めるか」と聞かれた。

 NHKを含む夜のニュースや翌朝のスポーツ紙によれば、桜田はこう言ったことになっている。

 「がっかりしている。水泳の盛り上がりが下火にならないか心配だ」

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  3. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  4. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです