連載

クローズアップ2019

日々のニュースを深掘りして解説します。

連載一覧

クローズアップ2019

日露外相会談 平和条約、日本手詰まり 北方領土、溝埋まらず 「6月合意」困難、軌道修正

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
会談に臨む河野外相(右)とロシアのラブロフ外相=ドイツ・ミュンヘンで16日、共同
会談に臨む河野外相(右)とロシアのラブロフ外相=ドイツ・ミュンヘンで16日、共同

 河野太郎外相とラブロフ露外相は16日(日本時間17日)、ドイツ・ミュンヘンで平和条約締結に向けた2回目の会談を行ったが、北方領土の主権や歴史認識を巡る溝を埋められなかった。中距離核戦力(INF)全廃条約を巡る米露の対立も、日露交渉に影響しかねない。難題が山積し、6月の大筋合意を目指した日本政府の戦略は練り直しを迫られている。

 「モスクワでは大変歓迎してもらった。その際にもらったカフスはよく使っている」。ミュンヘンにあるロシア総領事館に出向いた河野氏は会談の冒頭、1月の前回会談でラブロフ氏からプレゼントされたカフスボタンを示した。続けて「日露の貿易額が伸びている。ロシアから訪日する人も前年比20%以上の伸びだ」と強調。ロシア側が重視する日露の経済分野の進展をアピールした。ラブロフ氏も「大臣との対話を楽しみにしている」と…

この記事は有料記事です。

残り2036文字(全文2400文字)

あわせて読みたい

注目の特集