メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

防衛施設への規制強化 沖縄メディア、強い懸念

米軍普天間飛行場移設のための埋め立てが進む沖縄県名護市辺野古の沿岸部。このような写真取材にドローンが利用されている=2019年2月14日午前

 政府が小型無人機「ドローン」によるテロへの対策として飛行規制を強化し、規制対象を防衛施設とその周辺に広げる法改正を目指していることについて、日本新聞協会は「取材活動を大きく制限し、国民の知る権利を著しく侵害する」との意見書を政府に出した。米軍基地を取材する機会の多い沖縄県のメディアからは特に懸念の声が上がっている。

 現行のドローン規制法は2015年、首相官邸にドローンが落下する事件を受けて、議員立法で成立。首相官…

この記事は有料記事です。

残り1341文字(全文1550文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 死因は脳挫滅 滋賀のトランク閉じ込め男性死亡 監禁容疑で少年ら7人逮捕

  4. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  5. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです