メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
社告

今週のおすすめ紙面 医師志望のラガーマン/「名前」は誰のものか/狙われる遠隔監視カメラ

[PR]

 ◆ストーリー

    医師志望のラガーマン 24日・日曜日 1面、ストーリー面

     アジア初のラグビー・ワールドカップ(W杯)が今年9月に日本で開幕します。躍進が期待される日本代表に欠かせない存在が福岡堅樹選手(26)です。快足が自慢で、日本が旋風を巻き起こした2015年W杯イングランド大会にも出場しました。20年の東京五輪後には医師を目指す「二刀流」のラガーマン。その素顔に迫るとともに、W杯への思いを熱く語ってもらいました。

     ◆論点

    「名前」は誰のものか 20日・水曜日 オピニオン面

     JR東日本の山手線に誕生する新駅が「高輪ゲートウェイ」と名付けられることになり、インターネット上などで不評を買いました。近年、名前の漢字から読みを想像するのが難しい「キラキラネーム」の流行があり、市町村合併でひらがなの地方自治体名も急増しました。「名前」が帯びる公共性に揺らぎが出ているのでしょうか。名前と社会の関係を考えます。

     ◆くらしナビ

    狙われる遠隔監視カメラ 19日・火曜日 くらしナビ面

     介護しているお年寄りの様子や愛くるしいペットの姿を、外出先から簡単にチェックできます--。そんな遠隔監視がインターネット経由で可能な「ネットワークカメラ」の人気が高まっています。お手ごろ価格で利便性が高い半面、ネットにつながっているためサイバー攻撃の対象になりやすいことは、あまり知られていません。購入時や使用時の注意点を紹介します。


     掲載日や内容は変更することがあります。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

    2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

    3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

    4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

    5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです