メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローマ法王

米名誉大司教を解任 犯罪的行為を認定 性的虐待疑惑

セオドア・マカリック氏=2006年、ロイター

 【ローマ共同】フランシスコ・ローマ法王は16日までに、未成年者への性的虐待疑惑が持ち上がり昨年7月に枢機卿を辞職した米ワシントンの名誉大司教、セオドア・マカリック氏(88)の聖職を解くことを決めた。ローマ法王庁が同日発表した。

 バチカンでは21日から初の本格的な「未成年者保護会議」が開かれる。今回…

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文363文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  4. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  5. 一瞬で真っ黒…京アニ火災 「爆燃」「フラッシュオーバー」との見方

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです