メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペンス米副大統領

「ファーウェイ脅威」 安保会議で演説

ミュンヘン安全保障会議で演説するペンス米副大統領=ドイツ南部ミュンヘンで16日、AP

 【ミュンヘン共同】ペンス米副大統領は16日、中国政府との結び付きが指摘され、日米など各国が排除に動く通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)について、安全保障上の「脅威だ」と強調し、南シナ海での軍事拠点化なども踏まえ、各国に中国への警戒を呼び掛けた。ドイツ南部ミュンヘンで開催中の「ミュンヘン安全保障会議」で演説した。

 ペンス氏は「ファーウェイや中国の他の通信機器会社の脅威」は明白だと語り、「通信技術や安全保障システ…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです