メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性講師(右上)が、画面を確認しながら、写真を加工して保存する方法を丁寧に教えていた=東京都世田谷区で

 60代の高齢者も約半数が持ち、シニア世代にも広がるスマートフォン(スマホ)。普段の暮らしだけでなく、災害時や病気の時に役立つ可能性がある。セキュリティーにも注意して使いこなしたい。

 ●パソコンより楽に

 「シニアこそ、スマホが命綱になる」。そう話すのは、東京都世田谷区でシニアが教えるスマホ教室「すまほ茶屋」を開く山根明さん(84)。いまや公的な情報がホームページで提供され、施設利用ですらウェブ予約だ。高齢者がインターネットを使う必要性は高まっているが、パソコンを一から覚えるのはハードルが高い。

 その点、スマホは家族や友達に言われ、連絡用に持っている場合が多い。足腰が弱っても人や情報とつながる手段になる。入院した友達に画像を送って元気づけたり、孫に動画を送ったり、コミュニケーションツールとしてさまざまな利用ができる。

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 松本潤「嵐という船を一度降りて」大河主演決意までの葛藤 オファー一度は保留[コメント全文]

  2. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです