メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

英語民間試験導入、なお不安 シンポジウムで検証

大学入学共通テストの英語に導入される民間試験の課題や、センター試験の英語について振り返るパネリストたち=東京大学本郷キャンパスで10日

 <kyoiku no mado>

 2020年度に始まる大学入学共通テストに導入される予定の英語の民間資格・検定試験。20年4月から受験できるが、開始まで1年2カ月に迫った今も、複数の試験を比較した評価方法や、地域・経済的理由による格差によって公平性が保たれるかなど課題は山積している。東京大学高大接続研究開発センターは10日、大学入試における英語試験のあり方を考えるシンポジウムを開き、センター試験の英語がどのような位置づけかを紹介するとともに、民間試験導入の課題を検証した。【金秀蓮】

この記事は有料記事です。

残り1549文字(全文1793文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです