メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・柏澄子

わくわく山歩き 烏場山 黒潮の眺望楽しむ

ところどころで海を望むことができる烏場山=柏澄子さん提供

 房総半島の太平洋側には、黒潮という大きな海流がある。北赤道海流に端を発し、東シナ海をたどったのち、トカラ海峡で太平洋に入るこの流れは、銚子(ちょうし)沖で、北から流れる親潮とぶつかり、東へと向きを変える。 なぜ、「黒潮」という印象的な名前で呼ばれるのかというと、プランクトンの数が少なく、透明度が高いため、海流が黒く見えるから。寒流である親潮と暖流の黒潮がぶつかるため、房総沖は魚の種類が豊富だと言われているが、黒くも暖かい流れが、この地を温暖なものとしている。

 烏場山(からすばやま)は、そんな黒潮が流れる和田浦にある山だ。早春の頃から、菜の花や梅が咲きほころ…

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 日本悲願の8強、アジア初 スコットランド破りA組1位 世界ランキング過去最高7位に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです