メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高み目指して

2019・J1注目クラブ/5止 川崎 連戦備え、選手補強

 黄金期の到来を予感させる前哨戦での快勝だ。「(J1)3連覇への心配は正直、自分の中ではない。むしろチャレンジできる状況を楽しみたい」。16日の富士ゼロックス・スーパーカップで昨季の天皇杯覇者、浦和を1-0で退け、川崎の鬼木達(とおる)監督(44)は力強く宣言した。

 新加入の元ブラジル代表FWレアンドロダミアン(29)の期待を上回る活躍が最大の収穫だ。後半7分、MF家長昭博(32)が中央左寄りから上げたクロスを、逆サイドで待ち構えて頭で落とした。味方がシュートを試みてはね返されたところを左足で捉え、ゴールに蹴り込んだ。従来はロングボールの「的」となる長身FWが不在だった川崎にとって188センチの大型ストライカーは空中戦で頼れる存在になる。

 川崎は2017年にJ1を初めて制した。小幅な戦力補強で迎えた昨季はJ1連覇を果たした一方で、アジア…

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです