トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【左】トランプ米大統領【右】安倍晋三首相
【左】トランプ米大統領【右】安倍晋三首相

 安倍晋三首相は昨年8月22日の日米電話協議の際にトランプ米大統領から依頼され、トランプ氏をノーベル平和賞候補に推薦していた。日米外交筋が明らかにした。首相は「北朝鮮との緊張緩和」を理由に推薦書を作成。日米首脳の連携を保つ目的とみられるが、トランプ氏は国際社会を分断するような場面も多いだけに、野党は18日、「恥ずかしい」などと一斉に首相を批判した。

 複数の外交筋によるとトランプ氏は電話協議で「6月の米朝首脳会談後、ミサイルは日本の上空を飛んでいるか?」などと誇り、ノーベル賞推薦を首相に打診した。首相は当日、山梨県鳴沢村の別荘で夕方まで過ごしていたが、電話協議のため急きょ帰京していた。

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文958文字)

あわせて読みたい

ニュース特集