メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米商務省、自動車輸入制限で報告書 トランプ氏追加関税判断

 【ワシントン中井正裕】米商務省は17日、輸入自動車・同部品の増加が米国の安全保障に及ぼす影響をまとめた報告書をトランプ大統領に提出した。商務省は報告書の内容を公表しない方針だが、トランプ氏は90日以内に追加関税など必要な措置を決める。米国は日本や欧州連合(EU)に対し「貿易協議中は対象外」としているが、追加関税が発動されれば譲歩圧力が強まりそうだ。

 商務省は昨年5月、米通商拡大法232条に基づいて調査を始め、17日が報告書の提出期限だった。

この記事は有料記事です。

残り561文字(全文784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナのエアコンで「コロナ禍に打ち勝て」 一人親世帯に無償提供 新潟・三条

  2. 3歳娘放置死 逮捕の母は5月にも交際男性と旅行 日常的に育児放棄か

  3. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  4. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  5. 3歳衰弱死 逮捕の母、おむつ替えて119番か 8日間放置を隠蔽の可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです