メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米、ISの外国人戦闘員 欧州など出身国に引き取りと訴追を要求

 【ブリュッセル八田浩輔】シリア駐留米軍の撤収方針を示しているトランプ米大統領が、拘束中の過激派組織「イスラム国」(IS)の外国人戦闘員について、自国で訴追するよう出身の欧州諸国に求めている。戦闘員が自国に戻れば治安上の脅威となり得るため、欧州諸国は戦闘員とその家族の引き取りを巡り難しい対応を迫られている。

 トランプ氏は16日、ツイッターで、拘束中のIS戦闘員800人以上を英仏独など欧州諸国が引き取って裁判にかけることを求め、実現しない場合は「解放せざるを得ない」と圧力をかけた。米メディアによると、シリアでは40カ国以上のIS戦闘員がクルド人主体の民兵組織「シリア民主軍」(SDF)に拘束されている。

この記事は有料記事です。

残り533文字(全文836文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです