メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サウジ・ムハンマド皇太子、アジア諸国を歴訪 孤立脱却狙う

パキスタンのカーン首相(右)と抱き合うサウジアラビアのムハンマド皇太子=パキスタン・ラワルピンディの空軍基地で2019年2月17日、パキスタン政府提供・ロイター

 【カイロ篠田航一】サウジアラビアの事実上の最高実力者、ムハンマド・ビン・サルマン皇太子(33)が17日からパキスタンなどアジア諸国への歴訪を開始した。昨年10月に起きたサウジ人記者ジャマル・カショギ氏殺害事件で皇太子自身の関与が疑われ、欧米諸国からサウジ王室への非難も高まる中、アジア諸国の支持を取り付けることで「孤立脱却」を図る狙いがあるとみられる。

 皇太子は17日にパキスタンを訪れた。18日以降はインド、中国を訪問。産油国の潤沢な資金力を背景に、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立命館大元准教授、イラクで拘束か テロ容疑で手配中
  2. 滋賀県が個人住所特定できる資料誤公表、ヤフコメで発覚
  3. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係
  4. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  5. 長谷川博己さん、明智光秀の菩提寺訪問 来年の大河ドラマ「麒麟がくる」主役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです