メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北九州市が工藤会本部を現地調査 固定資産税滞納差し押さえ

工藤会本部事務所の現地調査に入る北九州市職員ら=北九州市小倉北区で2019年2月18日午前10時1分撮影

 北九州市は18日、固定資産税の滞納で差し押さえた特定危険指定暴力団「工藤会」の本部事務所(同市小倉北区)の現地調査に入った。土地の評価と建物の解体にかかる適正価格を把握するための調査で、算定には約1カ月かかる見込み。

 現地調査には市職員や福岡県警の警察官、不動産鑑定士ら約10人が参加。午前10時ご…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文340文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです