メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

科学の“志士”たち、広がる活用の場 維新塾10年

科学者維新塾で議論する塾生たち=大阪大中之島センターで、松本光樹撮影

 博士号を取得する若者らを、科学だけでなく幅広い分野で活躍する人材に育てようと大阪大教授が設立した「科学者維新塾」が、1月で10年を迎えた。研究職以外の可能性も探ってもらう狙いで、塾の出身者にはベンチャー企業、人材派遣会社などで活躍する人も現れている。

 「正解がないのは研究も本作りも同じだ」。大阪市北区の大阪大中之島センターの一室。出版社で編集者として働く堀部直人さん(35)が講師に招かれ、塾生に語りかけた。堀部さんは東京大大学院でショウジョウバエの行動などを研究し、博士号を取得。しかし研究者の道は選ばず、「科学を伝える『営業マン』になろう」と出版社に入った。

 阪大の博士後期課程1年、下村優(まさる)さん(25)は真剣な表情で耳を傾けていた。光コンピューティ…

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文879文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです