メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

薬品の誇大売り込み防げ 製薬営業「MR」監視へ覆面調査員を倍増 厚労省

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で2015年10月14日午前9時6分、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は来年度、製薬会社の営業職の医療情報担当者(MR)による、医薬品の虚偽や誇大な売り込みを防ぐよう監視するため、医師や薬剤師の覆面調査員を倍増する。患者の健康に関わるのに、大げさな宣伝などが後を絶たない。不正の証拠が残りにくい密室での営業活動に対し、覆面調査の増強は抑止効果があると判断した。

 MRは医療機関の医師や薬剤師に自社の医療用医薬品の情報を提供し、国内に約6万人いるとみられる。医師が処方する医療用医薬品の販売手法を巡っては、製薬大手ノバルティスファーマが降圧剤「バルサルタン」(商品名ディオバン)の改ざんされた臨床試験データを販売促進資料に使ったり、武田薬品工業も降圧剤「カンデサルタン」(商品名ブロプレス)について誇大広告で行政処分を受けたりするなど、問題が相次いで発覚した。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです