メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

薬品の誇大売り込み防げ 製薬営業「MR」監視へ覆面調査員を倍増 厚労省

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で2015年10月14日午前9時6分、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は来年度、製薬会社の営業職の医療情報担当者(MR)による、医薬品の虚偽や誇大な売り込みを防ぐよう監視するため、医師や薬剤師の覆面調査員を倍増する。患者の健康に関わるのに、大げさな宣伝などが後を絶たない。不正の証拠が残りにくい密室での営業活動に対し、覆面調査の増強は抑止効果があると判断した。

 MRは医療機関の医師や薬剤師に自社の医療用医薬品の情報を提供し、国内に約6万人いるとみられる。医師が処方する医療用医薬品の販売手法を巡っては、製薬大手ノバルティスファーマが降圧剤「バルサルタン」(商品名ディオバン)の改ざんされた臨床試験データを販売促進資料に使ったり、武田薬品工業も降圧剤「カンデサルタン」(商品名ブロプレス)について誇大広告で行政処分を受けたりするなど、問題が相次いで発覚した。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

  5. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです