メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公立小中学校でスマホ持ち込みのガイドライン作成 大阪府教委が素案

小中学生の間でスマートフォンを利用する光景は日常的なものになった=大阪府豊中市で山田尚弘撮影(一部画像を加工しています)

 大阪府教委は18日、府内の公立小中学校で携帯電話やスマートフォン(スマホ)の持ち込みを4月から認めるのに伴い、使用や管理のルールを定めたガイドライン(指針)素案を作成した。校内での使用は禁止で、児童生徒がかばんにしまって自分で管理し、登下校時の緊急時に使用する位置づけ。文部科学省の通知を受け、校内への持ち込みを禁止する学校がある中、「登下校時の防災・防犯」を目的に、都道府県単位では異例の方針転換になる。

 府教委は2008年、携帯への依存を懸念し、文科省通知(09年)に先駆けて小中学校への持ち込みを原則禁止にした。だが昨年6月、登校時間帯に発生した大阪北部地震で保護者から解禁を望む声が相次ぎ、災害時の連絡や、携帯の位置情報が犯罪の抑止力になるとして認めることにした。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文921文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 俳優の伊藤健太郎容疑者逮捕 ひき逃げの疑い、女性重傷「離れたのは間違いない」

  3. 特集ワイド 学術会議問題◀◀井筒監督 若者よ、立ち上がれ キナ臭いよな 権力むき出しの暴力

  4. ここが焦点 大阪の経済成長、本物? 11~17年度、全国平均届かず 15年度以降、訪日客増で好況

  5. ORICON NEWS 伊藤健太郎容疑者、12月放送予定のNHKドラマ降板 オンデマンドでの作品販売も停止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです