特集

プライム司法

司法にかかわるさまざまな話題を伝えます。

特集一覧

注目裁判・話題の会見

愛媛アイドル自殺初弁論 遺族側「辞めるなら1億円と言われた」、事務所側「社員とは兄妹のように親密」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第1回口頭弁論後の記者会見で「なぜ、と思っていることが明らかになってほしい」と話す大本萌景さんの母幸栄さん(左)=東京・霞が関の司法記者クラブで2019年2月18日、遠山和宏撮影
第1回口頭弁論後の記者会見で「なぜ、と思っていることが明らかになってほしい」と話す大本萌景さんの母幸栄さん(左)=東京・霞が関の司法記者クラブで2019年2月18日、遠山和宏撮影

 松山市を拠点にしたアイドルグループ「愛(え)の葉(は)Girls」のメンバーで、昨年3月に自殺した大本萌景(ほのか)さん(当時16歳)の遺族が、当時の所属会社「Hプロジェクト」によるパワハラや過酷な労働環境で精神的に追い詰められ、自殺したとして同社の佐々木貴浩・代表取締役らに計約9200万円の損害賠償を求めた民事訴訟は18日、東京地裁(三木素子裁判長)で第1回口頭弁論があった。代表取締役らは争う姿勢を示した。

 訴状によると、大本さんは2015年から同社に所属。イベントなどで平均して10時間以上拘束されたうえ、代表取締役から「辞めるのであれば1億円支払え」などの発言があり、昨年3月21日に自宅で自殺した、としている。遺族は昨年10月、松山地裁に提訴したが、双方の代理人が東京にいることなどから東京地裁に裁判が移された。

この記事は有料記事です。

残り3543文字(全文3906文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集