メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

注目裁判・話題の会見

愛媛アイドル自殺初弁論 遺族側「辞めるなら1億円と言われた」、事務所側「社員とは兄妹のように親密」

第1回口頭弁論後の記者会見で「なぜ、と思っていることが明らかになってほしい」と話す大本萌景さんの母幸栄さん(左)=東京・霞が関の司法記者クラブで2019年2月18日、遠山和宏撮影

 松山市を拠点にしたアイドルグループ「愛(え)の葉(は)Girls」のメンバーで、昨年3月に自殺した大本萌景(ほのか)さん(当時16歳)の遺族が、当時の所属会社「Hプロジェクト」によるパワハラや過酷な労働環境で精神的に追い詰められ、自殺したとして同社の佐々木貴浩・代表取締役らに計約9200万円の損害賠償を求めた民事訴訟は18日、東京地裁(三木素子裁判長)で第1回口頭弁論があった。代表取締役らは争う姿勢を示した。

 訴状によると、大本さんは2015年から同社に所属。イベントなどで平均して10時間以上拘束されたうえ…

この記事は有料記事です。

残り3649文字(全文3906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです