メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

菅義偉氏/上 「豊臣秀長--ある補佐役の生涯」 堺屋さんが示した組織の要諦

インタビューに答える菅義偉官房長官=東京都千代田区で2019年1月24日、根岸基弘撮影

ロングバージョン

 出世街道を突き進む豊臣秀吉のそばに、補佐役として弟の秀長がいたことは意外に知られていない。秀長自身にスポットライトを当てて、その生涯を体系的に論じた本として、この本の右に出るものはないと思う。初めて読んだのは横浜市議に出馬する前後だっただろうか。「こんな本を待っていた」と思って、政治活動の合間を縫って通読した。

 著者の堺屋太一さんには、10年ほど前に直接、「私の愛読書です」と伝えていた。それを堺屋さんは覚えて…

この記事は有料記事です。

残り1977文字(全文2192文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 米グーグル、年内にゲーム参入 専用機不要、業界の構図変動も
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです