メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クトゥーゾフの窓から

北の島々は(4) ロシアが期待する「多極化秩序の支柱・日本」 平和条約交渉もう一つの底流

1回目の平和条約交渉に臨む河野太郎外相(左)とラブロフ露外相=モスクワのロシア外務省で2019年1月14日、大前仁撮影

 日露外相は2月16日、ドイツの南部ミュンヘンで会談し、1月に続いて2回目の平和条約交渉に臨んだ。どこまで突っ込んだ話し合いをしたのか定かではないが、ラブロフ露外相は会談後に「クリル諸島(北方領土)が第二次大戦の結果としてロシア領になったことを認めるべきだ」との考えを繰り返しており、双方の立場に大きな隔たりが残されているのは確実だ。ロシア国内の世論調査でも7割が引き渡しに反対しており、安倍政権が望んでいた今年6月までの「大筋合意」は難しくなっている。

 一方でロシアの外交や安全保障の専門家からは、日露間の問題として捉えるだけではなく、急速に変化する国…

この記事は有料記事です。

残り3112文字(全文3389文字)

大前仁

モスクワ支局記者 1969年生まれ。1996年から6年半、日経アメリカ社でワシントン支局に勤務。毎日新聞社では2008年から13年まで1回目のモスクワ支局に勤務。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. 「今、一番したいのは練習」羽生結弦の一問一答(上)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです