メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

藤田菜七子「泣きそうに」 女性騎手初G1、堂々5着(スポニチ)

コパノキッキングに騎乗し5着だった藤田=島崎忠彦撮影、スポニチ提供

 日本競馬史に新たな、そして大きな1ページが刻まれた。「第36回フェブラリーS」が17日、東京競馬場に6万人超の観衆を集めて行われ、藤田菜七子(21)騎乗の4番人気コパノキッキングは4角最後方から猛然と追い込んで5着。JRA女性騎手史上初のG1騎乗で掲示板を確保し、歴代女性騎手の重賞最高着順となった。G1初舞台で見せた度胸満点の騎乗。敗れても“主役”は菜七子だった。

     追って、追って、追った。4角最後方から最後の直線で大外に持ち出すと、菜七子の左ムチが入る。砂煙を上げながら、コパノキッキングが加速度を増していく。出走メンバー2位となる上がり3F35秒2の末脚を繰り出して、5番目でゴール板を駆け抜けた。

     「キッキング自身は凄く頑張って伸びてきてくれましたが…。最後は届きませんでした」

     菜七子は悔しそうに振り返ったが、観衆を熱狂させるに十分の見せ場はつくった。

     「東京競馬場のダート1600メートルは何度も経験しているコースなのに、今日は違った景色に見えた。競馬場自体の盛り上がりが凄くて、ファンファーレと歓声を聞いた時は初めて馬場の中で泣きそうになりました」

     G1初舞台の初々しさ。ただ、言葉とは裏腹に、度胸満点の騎乗だった。「前半は脚を温存して、後半しまいを生かすような競馬をしたいと思っていた」。普通なら前半で少しでも前のポジションを取りたくなるが、腹をくくって最後の直線勝負に懸けた。追えるだけの自信。一昨年からフィジカルトレーナーを付け、平昌五輪スピードスケート女子500メートルで五輪新で金メダルを獲得した小平奈緒のトレーニング法を取り入れた。一本下駄で騎乗姿勢を取り、両腕で重りを上げ下げする。男性騎手に劣る筋力、体幹をカバーするためだった。唯一の誤算が道中のペースがG1特有の激流ではなかったこと。過去4年は前半4Fが45秒8~46秒9に対し、この日は48秒0。緩んだペースとなったことで、届かなかった。

     デビューから1082日目。憧れ続けたG1騎乗の夢はかなった。ただ、この日は始まりであって終わりではない。中学時代の剣道部の仲間にこう打ち明けたことがある。「私はダービーを勝ちたい」--。

     この日の騎乗を高く評価した陣営は、菜七子とキッキングのコンビ継続を即断。次走は地方G1「かしわ記念」(5月6日、船橋)。さらに今秋の米G1ブリーダーズC(サンタアニタパーク)参戦プランも現実味を帯びてきた。菜七子の夢にはまだまだ続きがある。

     ▼武豊(インティ騎乗で優勝)今日、彼女(菜七子)が乗ったおかげで、これだけ競馬場も盛り上がりました。僕自身は負けなくてよかった。彼女が勝って、僕が2着が一番嫌でした(笑い)。5着は立派だったと思いますよ。僕の初めてのG1(87年菊花賞でレオテンザンに騎乗)は6着だったので…。何事も経験がプラスになっていく。今後、彼女のG1騎乗が当たり前のようになればいいね。(スポニチ)

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
    2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
    3. スカーレット ヒロイン幼少時代は「みいつけた!」3代目スイちゃんの川島夕空
    4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
    5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです