メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

宇宙酒、次は「深み」求めて 高知・工業センター開発の酵母、太平洋海底6000メートルに1年

今度は深海に旅立つ「宇宙酵母」=高知県工業技術センター提供

 高知県工業技術センターが開発し、14年前にロケットで宇宙に運ばれて話題を呼んだ日本酒の酵母が、今度は深海を旅することになった。3月から太平洋・南鳥島周辺の6000メートル近い深海を調べる探査機とともに沈め、約1年後に回収して菌の変化を観察。醸造の適性が高まっていれば、県内の酒造会社で酒を仕込む。関係者は「宇宙そして深海。太平洋に臨む高知らしく大きな夢を追いたい」と意気込む。【植田憲尚】

 この「宇宙酵母」は2005年10月、カザフスタンの宇宙基地からロシアのロケット・ソユーズで打ち上げ…

この記事は有料記事です。

残り604文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです