メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 避難訴訟、あす8件目判決 東電は亡き夫に誠意を 72歳原告 古里、家を失い

夫が愛用していたとくりを手に、女性は夫や古里などへの思いを話してくれた=相模原市内で

 東京電力福島第1原発事故に伴い、福島県から神奈川県などに避難した住民ら60世帯175人が東電と国を相手取り、総額約53億9000万円の損害賠償を求めた訴訟で、横浜地裁は20日、判決を言い渡す。事故からまもなく8年。住民らの避難生活は長期化し、先の見えない不安が募る。【木下翔太郎】

 「この8年、失ったものばかりだった」。原告で、福島県大熊町から相模原市内に避難した女性(72)は唇をかみ締めた。

 20代。結婚を機に夫が暮らす大熊町に移った。家の前に梨畑が広がる、のどかな風景。だが、原発事故が全てを変えた。自宅から原発まで約4キロ。避難指示を受け、自営業の夫らと車で福島県内の避難所を転々とした。宮城県に住む弟(当時60歳)を津波で失い、心の休まらない状況の中、約2週間後に親戚がいた相模原にたどり着いた。

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです