メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

女性史研究家・加納実紀代さんからのメッセージ 戦中と重なる印象戦略

出版記念パーティーで上野千鶴子さん(左)から花束を受け取る加納実紀代さん=本人提供

 <誰もが迎える人生の「最期」に向き合うことになりました>。昨年11月に刊行された「『銃後史』をあるく」(インパクト出版会)に挟まれたメッセージには、こんな一文があった。著者は、戦時の女性史を研究してきた加納実紀代さん(78)。闘病生活の中、何を今の世に問うているかを知りたくて、川崎市の自宅を訪ねた。【井田純】

 「どうしても気持ちが萎縮して、出歩くのが難しくなってしまって」。書斎の窓辺で話し始めた。

この記事は有料記事です。

残り2645文字(全文2846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです