メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

女性史研究家・加納実紀代さんからのメッセージ 戦中と重なる印象戦略

出版記念パーティーで上野千鶴子さん(左)から花束を受け取る加納実紀代さん=本人提供

 <誰もが迎える人生の「最期」に向き合うことになりました>。昨年11月に刊行された「『銃後史』をあるく」(インパクト出版会)に挟まれたメッセージには、こんな一文があった。著者は、戦時の女性史を研究してきた加納実紀代さん(78)。闘病生活の中、何を今の世に問うているかを知りたくて、川崎市の自宅を訪ねた。【井田純】

 「どうしても気持ちが萎縮して、出歩くのが難しくなってしまって」。書斎の窓辺で話し始めた。

この記事は有料記事です。

残り2645文字(全文2846文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

  2. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです