メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 藤原辰史さん 子どもの命の支えに

藤原辰史さん=栗原俊雄撮影

 ■給食の歴史 藤原辰史(ふじはら・たつし)さん 岩波新書・950円

 カレーにラーメン、すし……。「国民食」と言われるものがある。だが本当のそれは、学校や各種施設の「給食」ではないか。身近でありながら一般読者の目にとまる歴史書の少ない、いわば荒野に、気鋭の研究者が挑んだ。京都大准教授。膨大な資料と証言の収集はもとより、学者らしからぬ熱い叙述が関心をひく。

 まず通史が手堅くまとめられている。貧困や大規模な自然災害、戦争など、給食は社会が危機に直面した時に…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文915文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです