メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・なにコレ!?

参加体験型浮世絵展 遊びながら「日本」学ぶ

組み上げ絵の前でおのおのが制作した作品やパンフレットを持つ学生たち=中央大学多摩キャンパスで

 中央大多摩キャンパス(東京都八王子市)で1月29日から今月3日にかけて開催された「参加体験型浮世絵展『来て!見て!遊べる!? 浮世絵横丁~あなたの知らないおもちゃ絵の世界~』」。楽しさを追求したユニークな浮世絵展に足を運んだ。【上智大・川畑響子、写真は成城大・風間健】

 いっぷう変わった浮世絵の数々は、江戸・明治時代の子ども向けに出版された「おもちゃ絵」というジャンル。1枚の絵から部品を切って組み立てるプラモデルのような「組み上げ絵」や、動物図鑑のような「ものづくし」、表情や髪形を替えて遊ぶ「着せ替え絵」も。

 3年目となるこの展覧会。企画、運営したのは文学部が提供する課外プログラム「実践的浮世絵学」を履修す…

この記事は有料記事です。

残り841文字(全文1148文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです