メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

となりのファーマー

/35 なちゅらるりーふ(兵庫県宝塚市) 銀色市松の下、土は輝く

ソーラーシェアリングを設置した畑。畑の上に太陽光パネルがある=兵庫県宝塚市で、松井宏員撮影

 太陽光パネルを備えた畑が兵庫県宝塚市の山間部にある。農業と発電を両立しているのだ。

 宝塚市北部の西谷地区。柴田邦雄さん(40)が案内してくれた畑には、鉄パイプが組まれ、太陽光パネルが市松模様のように設置されている。この日はあいにくの雨で、パネルの隙間(すきま)から雨が容赦なく落ちてくる。

 ミソは、パネルによって日光の3割程度が遮られる点だ。これくらいなら作物の生育に支障はなく、それどころか「豆類は日照量が多すぎると花が付かないんで、パネルを付けた方がいいみたい」と柴田さん。「それに、この辺は日陰がないので、陰ができて夏の作業がしやすい」と笑う。

 「ソーラーシェアリング」というシステムで、農業と売電で収入を得ることができる。西谷地区では2015…

この記事は有料記事です。

残り1620文字(全文1946文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  2. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです