メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
チェック

猫に招かれ、いい湯だニャー 鹿児島・霧島の妙見温泉

 鹿児島県霧島市の妙見温泉が、「猫密度の高い」温泉地として人気を集めている。迷い猫や野良猫を宿が保護しているうちに居着くようになり、今では7施設で17匹が「看板猫」として活躍。温泉と猫に癒やされるリピート客が増えているといい、写真家7人が撮影した猫の写真展が今月末まで開かれている。【田中韻】

 霧島山系のふもとにある妙見温泉は、西南戦争で敗れた西郷軍の兵士が傷を癒やしたと伝えられる薬効の高い泉質と緑豊かなロケーションが特徴。南北1キロに妙見温泉振興会加盟の10軒が並ぶ温泉郷だが、近くに九州有数の観光地・霧島温泉郷があるため、「一部の温泉通以外には通過されてきた」(只野公康振興会長)という。

 そこに吹いたのが近年の「猫ブーム」の追い風だ。妙見温泉では昔から「入り猫は福を呼ぶ」として迷い猫や…

この記事は有料記事です。

残り673文字(全文1020文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです