サケ放流

「回帰南限」睦沢で稚魚放流 小中学生ら6000匹 /千葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 睦沢町を流れる一宮川支流の瑞沢川で18日、小中学生らがサケの稚魚約6000匹を放流した。稚魚は「一宮川にサケの稚魚を放流する会」が県外から購入した受精卵を町内の家庭や小中学校など50カ所で育ててきた。同会は瑞沢川が太平洋岸でサケが遡上(そじょう)する南限と説明しており、川岸には今年、睦沢中芸術部の生徒が「サケ回帰南限の町 睦沢」の看板を製作し…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

あわせて読みたい

ニュース特集