メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドキュメンタリー映画

「道草」 障害者の自立描く 自由に暮らす大切さ伝え 新宿で23日から /東京

 重度の知的障害や自閉症のある人たちが暮らす日常を描いたドキュメンタリー「道草」が、23日から新宿区のケイズシネマで上映される。2016年に相模原市で発生した障害者施設殺傷事件で負傷した人の「今」も盛り込み、地域で自由に暮らすことのできる大切さを伝えている。

 「重度の知的障害、自閉症のある人が施設や親元を離れ、自立生活を送るのは難しいと考えられているが、実現している人もいる。その生活を知ってほしかった」。宍戸大裕監督(36)=宮城県在住=は、制作のきっかけをこう語る。

 映画は、16~18年に撮影した4人の日常生活を中心に構成されている。その一人、岡部亮佑さんは、都内…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文849文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです