メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ドキュメンタリー映画

「道草」 障害者の自立描く 自由に暮らす大切さ伝え 新宿で23日から /東京

 重度の知的障害や自閉症のある人たちが暮らす日常を描いたドキュメンタリー「道草」が、23日から新宿区のケイズシネマで上映される。2016年に相模原市で発生した障害者施設殺傷事件で負傷した人の「今」も盛り込み、地域で自由に暮らすことのできる大切さを伝えている。

 「重度の知的障害、自閉症のある人が施設や親元を離れ、自立生活を送るのは難しいと考えられているが、実現している人もいる。その生活を知ってほしかった」。宍戸大裕監督(36)=宮城県在住=は、制作のきっかけをこう語る。

 映画は、16~18年に撮影した4人の日常生活を中心に構成されている。その一人、岡部亮佑さんは、都内…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文849文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです