メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マッチ売りの少女展

個性違う100冊展示 平塚の図書館、26日まで /神奈川

 平塚市八重咲町の升水記念市民図書館で、アンデルセンの童話「マッチ売りの少女」の翻訳本約100冊を集めた「マッチ売りの少女展」が始まった。

 同館で6年前に開催したガリバー旅行記展に協力したガリバー旅行記の翻訳者、松菱多津男さんがこれまでに集めた「マッチ売りの少女」の翻訳本約100冊を同館に寄贈したことにより開催された。

 「マッチ売りの少女」はドイツ語や英語に翻訳された本を日本語に翻訳した本がほとんど。翻訳本の種類は多…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです