メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待防止

情報を共有 県警が県、金沢市と協定 /石川

児童虐待事案の情報を共有する協定を結んだ石川県警の河原淳平本部長(左)と金沢市の山野之義市長=同市役所で、久木田照子撮影

 県警は18日、児童虐待やその疑いがある事案の情報を共有する協定を県、金沢市とそれぞれ結んだ。虐待の早期発見と適切な対応につなげる。

 協定では、県内3カ所の児童相談所を管轄する県、金沢市と県警が情報を共有するとともに、目的外使用や外部に漏らすことを禁じている。

 金沢市役所ではこの日、協定締結式が開かれた。千葉県野田市で小4女児が死亡し両親が傷害容疑で逮捕された事件などを踏まえ、県警の河原淳平本部長は「虐待を早く発見し、子供の安…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. 豚コレラ 愛知県、ワクチン散布 野生イノシシに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです