メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待防止

情報を共有 県警が県、金沢市と協定 /石川

児童虐待事案の情報を共有する協定を結んだ石川県警の河原淳平本部長(左)と金沢市の山野之義市長=同市役所で、久木田照子撮影

 県警は18日、児童虐待やその疑いがある事案の情報を共有する協定を県、金沢市とそれぞれ結んだ。虐待の早期発見と適切な対応につなげる。

 協定では、県内3カ所の児童相談所を管轄する県、金沢市と県警が情報を共有するとともに、目的外使用や外部に漏らすことを禁じている。

 金沢市役所ではこの日、協定締結式が開かれた。千葉県野田市で小4女児が死亡し両親が傷害容疑で逮捕された事件などを踏まえ、県警の河原淳平本部長は「虐待を早く発見し、子供の安…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです