メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

月ケ瀬楽検定(奈良市) 月ケ瀬梅林は今から800年ほど前の…

「第7回月ケ瀬楽検定」の募集チラシ

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ふるさと>

 問 月ケ瀬梅林は今から800年ほど前の元久2年(1205年)に寺の境内にあった天神社に梅を植えたのがはじまりとされているが、当時その天神社があった寺の名前は何か?(第4回から)

(ア)東大寺 (イ)万福寺

(ウ)真福寺 (エ)興福寺

 (下に答え)

 早春になると毎年20万人近い人が訪れる月ケ瀬梅渓。1922年に国の名勝に指定され、約1万本の紅白の梅が咲き誇る。梅まつりは多くの人でにぎわい、さまざまな関連イベントも開催される。

 「梅の名所」の風情や文化、歴史を知ってもらおうと始まったのが「月ケ瀬楽検定」。第7回の検定が4月7日に実施される。月ケ瀬観光協会が主催する。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです