メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊岡市

予算案 一般会計466億円 「演劇のまちづくり」に注力 /兵庫

2019年秋開催予定の「豊岡国際演劇祭(仮称)」の会場となる城崎国際アートセンター=兵庫県豊岡市城崎町で、高田房二郎撮影

 豊岡市は18日、総額466億5700万円(前年度比3・0%増)の2019年度一般会計当初予算案を発表した。厳しい財政状況の中、20年に予定される市内への人気劇団「青年団」の本拠移転を控えて「演劇のまちづくり」を掲げた地域振興に力を入れる。22日開会の定例市議会に提案する。【高田房二郎】

 先端医療機器を導入した公立豊岡病院組合に前年度より約3億円、下水道事業会計に同じく約1億1800万円多い設備投資の負担金が生じ、全体の財源不足額16億円を、貯金…

この記事は有料記事です。

残り339文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです