メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャージスポット

スマホ充電器を手に観光 神戸市役所に貸し出し場所 1時間150円、市内は13カ所で返却可能 /兵庫

久元喜造神戸市長(右)にチャージスポットの使い方を説明するインフォリッチの秋山広宣社長=神戸市中央区の神戸市役所1号館ロビーで、目野創撮影

 スマートフォンの充電が有料でできる機器「チャージスポット」が神戸市中央区の市役所1階ロビーに登場した。市内13カ所にあるチャージスポットなど国内外のどこでも返却でき、貸し出しから1時間以内なら150円(税抜き)で使える。観光やビジネスで神戸を訪れる人たちの利用を見込む。市によると、自治体の施設に設置するのは全国初。

 チャージスポットは「シェアリング」を手がけるIT企業「インフォリッチ」(東京都渋谷区)が運営。市役所に設置された大型に加え、中型と小型の計3種類ある。市が設置場所を提供しており、デジタルサイネージ(電子看板)で市政情報などを発信している。

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「心が騒ぐような情報からは距離を」 相次ぐ著名人の自殺報道、専門家が助言

  2. アゼルバイジャンとアルメニアが軍事衝突 双方に民間人を含む死傷者

  3. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  4. 新型コロナ、感染しやすさに地域・民族差なし 遺伝子レベル分析 北大研究チーム

  5. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです