メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと人模様

人形作家 岡本道康さん 木くずで作る森の物語 /奈良

人形作家のの岡本道康さん。人形は農村に暮らす老夫婦や作業着姿の職人、子供などで、表情や姿は昭和の懐かしさを感じさせる=京都府木津川市で、大笹久光撮影

 「森と共に生きる豊かな未来」をモチーフに、こだわりの人形作りを続けている。完成した作品は吉野の豊かな自然の中で撮影し、創作時に描いたイメージを写真で添える。山守や製材所などで働く人たちが同じ地域に暮らし、森の恩恵でつながり共存できる社会を「森のねんどの物語」と呼び、その実現を願っている。

 人形は吉野割り箸の製造工程で出た杉の木くずに鉱物、でんぷんのりなどを混ぜた「ねんど」で制作。頭部は取り外しが可能で、撮影と展示する時で向きが変えられるようにしている。表情を決定づける目元は細部にまでこだわり、直径…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  2. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  3. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです