メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

やまと人模様

人形作家 岡本道康さん 木くずで作る森の物語 /奈良

人形作家のの岡本道康さん。人形は農村に暮らす老夫婦や作業着姿の職人、子供などで、表情や姿は昭和の懐かしさを感じさせる=京都府木津川市で、大笹久光撮影

岡本道康さん(49)=香芝市

 「森と共に生きる豊かな未来」をモチーフに、こだわりの人形作りを続けている。完成した作品は吉野の豊かな自然の中で撮影し、創作時に描いたイメージを写真で添える。山守や製材所などで働く人たちが同じ地域に暮らし、森の恩恵でつながり共存できる社会を「森のねんどの物語」と呼び、その実現を願っている。

 人形は吉野割り箸の製造工程で出た杉の木くずに鉱物、でんぷんのりなどを混ぜた「ねんど」で制作。頭部は取り外しが可能で、撮影と展示する時で向きが変えられるようにしている。表情を決定づける目元は細部にまでこだわり、直径1ミリほどの目の玉は色の調整だけで何度も入れ直すという。

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文631文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. コロナは政治を変えたのか 中北教授が読む与党の「慢心」と野党に欠ける「帆」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです