メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

iPS細胞

世界初、脊損治療 年内開始、18歳以上4人 慶大計画、厚労部会承認

 厚生労働省の再生医療等評価部会は18日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った神経細胞のもととなる細胞を脊髄(せきずい)損傷患者に移植し、機能改善を試みる慶応大の臨床研究計画を承認した。iPS細胞を使う脊髄損傷治療は世界初。早ければ今秋に患者を募集し、年内にも患者に移植される見通し。

 計画は、慶応大の岡野栄之(ひでゆき)教授(生理学)らのチームが昨年12月に届け出ていた。承認された計画では、運動機能や感覚が完全にまひした18歳以上の患者が対象。これまでの研究で治療効果が見込める脊髄損傷から2~4週間経過した4人に移植する。京都大iPS細胞研究所が備蓄するiPS細胞を神経細胞のもととなる細胞に変化させ、1人あたり約200万個を損傷部位に移植。他人由来の細胞のため免疫抑制剤も投与し、リハビリと合わせて約1年間、腫瘍化の有…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文913文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです