メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

お見通しの時代=玉木研二

 <ka-ron>

 昭和の初めごろである。正月の深夜、川端康成の自宅に泥棒が忍び込んだ。

 若き新進作家は寝床で足音に気づき、息をこらした。泥棒は物色し、枕元に近づこうとして無言の川端がギョロリと見開いた目と目が合った。「だめですか」。泥棒はそう言うなり、逃走した。

 後年に作家・吉行淳之介は<「だめですか」と言った泥棒の気持が、分るような気がする>と「川端康成論断片」に書いている。川端の大きな目には射すくめるような内面の力があったのだろう。

 今は街角に施設に何もかも見通すようなレンズが光る。川端家の泥棒を追い払った眼光を、防犯ビデオカメラ…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文1009文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです