メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

なぜ動物園でライチョウ飼育? 絶滅防止へ人工繁殖 野生復帰目指す=回答・五十嵐和大

ニホンライチョウのオス=長野県の前穂高岳で1995年7月、平田明浩撮影

 なるほドリ もうすぐ動物園でライチョウに会えるんだって?

 記者 東京の上野動物園など国内5カ所の動物園・博物館で来月中旬から、国の特別天然記念物で絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)のニホンライチョウが一般公開されます。環境省は2015年から、これらの施設と協力して人工飼育(じんこうしいく)を進めてきました。ライチョウは人の動きなどに敏感で、限られた非公開のケージで飼っていました。その後、順調に繁殖(はんしょく)し、5施設で29羽になったこともあり、広いケージへ移し、来場者に見てもらうことになりました。公開は15年ぶりで、人に慣れる訓練をして、まずは各施設1~2羽ずつ公開する予定です。

 Q どうしてライチョウを動物園で人工飼育しているの?

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文819文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつDVD販売手助けの疑い バナー広告集めたサイトの運営者逮捕 4800万円稼ぐ

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. コロナで変わる世界 <仕事編②>希望退職「35歳以上」 日本型雇用に見直しの波

  5. 東京で新たに481人の感染確認 2日連続で400人超 重症者は6人増60人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです