メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

北朝鮮とのスポーツ交流 日本体育大理事長・松浪健四郎氏

平和への寄与が使命

 日本体育大学は北朝鮮とのスポーツ交流を2012年に開始し、男女サッカーなどの選手団をこれまでに4回、平壌(ピョンヤン)に派遣している。昨秋の訪朝時には、20年の東京五輪で北朝鮮選手団が日体大の施設を利用することも話題にのぼった。政治的には厳しい日朝関係の中で、スポーツ交流を続ける理由について、松浪健四郎理事長(72)に聞いた。【聞き手・米村耕一】

この記事は有料記事です。

残り2737文字(全文2921文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 「ダンス オブ ヴァンパイア」公演チケット 不正に大量購入の被害

  3. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  5. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです