メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

北朝鮮とのスポーツ交流 日本体育大理事長・松浪健四郎氏

 日本体育大学は北朝鮮とのスポーツ交流を2012年に開始し、男女サッカーなどの選手団をこれまでに4回、平壌(ピョンヤン)に派遣している。昨秋の訪朝時には、20年の東京五輪で北朝鮮選手団が日体大の施設を利用することも話題にのぼった。政治的には厳しい日朝関係の中で、スポーツ交流を続ける理由について、松浪健四郎理事長(72)に聞いた。【聞き手・米村耕一】

この記事は有料記事です。

残り2746文字(全文2921文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです