メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IS

「引き取り」欧州苦慮 米、戦闘員の自国訴追要請

 【ブリュッセル八田浩輔】シリア駐留米軍の撤収方針を示しているトランプ米大統領が、拘束中の過激派組織「イスラム国」(IS)の外国人戦闘員について、自国で訴追するよう出身の欧州諸国に求めている。戦闘員が自国に戻れば治安上の脅威となり得るため、欧州諸国は戦闘員とその家族の引き取りを巡り難しい対応を迫られている。

 トランプ氏は16日、ツイッターで、拘束中のIS戦闘員800人以上を英仏独など欧州諸国が引き取って裁…

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文831文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです