メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IS

テロ共犯者か犠牲者か 19歳戦闘員妻、英帰国求める

ロンドン警視庁が公開したシャミマ・ベグムさん(中央)ら3人の画像=英ガトウィック空港で2015年2月(ロンドン警視庁提供・AP共同)

 【ロンドン共同】過激派組織「イスラム国」(IS)の思想に感化され、2015年に英国からシリアのIS支配地域に渡航、IS戦闘員の妻となり子供をもうけた女性(19)が帰国を求めている。14日付の英紙タイムズがインタビューを掲載した。シリアのIS支配地域が消滅寸前となる中、戦闘員の妻はテロの共犯者か、犠牲者かを巡り、英国が揺れている。

 女性は4年前、ロンドン東部の移民が多い地区から他の少女2人とシリアに渡ったシャミマ・ベグムさん。今…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文640文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです