メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トルコ

獄中創作活動の女性、私の武器は絵筆とペン 「弾圧終わらせたい」が原動力

ゼフラ・ドアン氏の釈放を求めバンクシーが描いた壁画=ニューヨーク・マンハッタンで2018年3月16日、ゲッティ共同

 テロ対策を名目にした記者や文化人らへの弾圧が近年強まるトルコ。少数民族クルド人の女性記者で画家のゼフラ・ドアン氏(29)も、執筆した記事や描いた絵を理由に投獄された一人だ。「私の武器は絵筆とペンだけ」。獄中でも創作活動を続けており、正体不明の路上芸術家バンクシーら世界の著名芸術家から支援の声が寄せられる。

 ドアン氏は、女性だけで設立されたトルコのクルド系通信社の記者だったが、テロ関連容疑で2016年7月…

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文897文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. 「自分のスケート探す」 フィギュア・宇野、今季はメインコーチ不在に
  5. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです